ラリルレ論を読んだ。

RADWIMPSのボーカルギター野田洋次郎さんのエッセイ。2015年の本。


元々本は好きな方だけど、エッセイは好きじゃなかった。

馬鹿だから分かりやすく話が面白くないとすぐに飽きる。言葉の使い方、文の書き方、構成とかそういう表現的な観点で本を読んだことがない。だから教科書に載ってるような近代文学、例えば太宰治とか、そういうのは好きじゃない。興味を持ったことがないのも大きな原因だろうけど。


一言で言うなら面白かった。話が、とかじゃなくて、自分の大好きで憧れの人物の死生観、価値観、日常を覗けるって素晴らしい。藤原基央、お前もいい加減Fujiki書籍化しろよ。

自分より10年以上長く生きてきた彼の考え方っていうのは興味が尽きなかった。掘り下げても底が見えない。今まで自分が考えたこともなかった所にまで疑問を投げかける。

彼の考え方が正しいとは思っていない。ふーん、こんなこと考える人もいるんだ、へー、みたいなノリで読まないとこういうのはその本にまんま染まる。洗脳されてる気分だ。けどそう上手くいかないもんだね、どんどん飲み込まれていく。


わたしはまた洋次郎の、大好きな人達の考え方に影響されていく。