読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学校でSNSの使い方講座のような授業があった。LINEは顔が見えず誤解しやすいから気を付けようね、Twitterも顔や場所、学校が明確に分かるようなツイートはやめようね、という話だった。

馬鹿馬鹿しいと思った。


例えばLINEでの会話。

「テストどうだった?」

「65点だった」

こういう時相手側がその点数をどう思っているのか分かりにくいよね、だそうだ。

いや、うん、わかるんだけど、喜んでたらやったー!とか嬉しそうな顔文字つけたりしないの? 普通誤字無いかとか送る前後確認しない? あとテストの点数聞ける程の仲ならいつもどれくらいの点数取ってるか知ってるのでは?と思った。前提をすべて砕いていく発言。だけど前提がおかしいんだよなあ…

「この写真Twitterに上げていい?」

「自分だけ盛れてるじゃん、うざ」

の例もあった。うざwなのかそれともマジなのか分からないよね、らしい。いや、ふざけていってるならwつけるし、というか盛り上がってるのにそれに水差すようなやつと友達になりたくない。

誤解しやすいのは分かってるから!!!!! マジで、自分自身そういう経験してるし。

RADMステ出るんだねー!ってLINEきて、そうなの! うれしいー!って返信したらTwitterのスクショ来た。自分のLINEでその事に気付いたと思ったんだろうけどね、そうなんだよー、みたいなつもりだった。そんな大きな問題に繋がるようなものは無いけど少なからずそういうのは絶対みんな経験してると思うし、してなくてもその事の重大さってのは実際経験してからじゃないと分からなさそう。

Twitterもなあ…鍵垢ならいいんだけど。

リア垢なら制服そのまま晒すけどね、顔はブスだから上げない。

Twitterから学校名前友人関係行動範囲まで特定されるのはよっぽどかわいくないとなさそうだなあ、というのが正直なところ。だってブスにレイプしても気持ちよくないでしょ、そういうのしたいならみんなかわいい子としたいじゃん。


最近ではLINEで陰口言うと晒されるから大事なことは直接会って言うらしい。一周回ったな。

文字だけで伝えるツールはLINEがはじめてじゃなくて、もっとずっと前から、TwitterFacebookもそうだけどメール、手紙も文字だけだ。手紙は手書きだけど、手書きの文字で書いたその時の感情を判断するのは不可能だろう。今は顔文字や絵文字もある。文字だけじゃ伝わらないからちょっとずつ時代と共に進化してきた。なんだかこの教育は少し時代遅れな気がする。高校生はみんなスマホを持ち始め、2年にもなると使い方もかなり分かってくる。そりゃ小中学生には多少は教えておかなければいけないんだろうけど、あまりにも当たり前すぎるというか、無意識的に意識していたことをあらためて言われた。

分かっていない人もいる。それも分かる。

でも、なぜLINEだけが責められなければならないのか。コミュニケーションの根本にあるのはお互いの誤解だ。誤解なんて必ず生じる。それが生まれる場所の一つにLINEというツールが仲間入りしただけ。


分からない。難しい。








追記

LINEは東日本の地震がきっかけで開発がはじまったらしい。いつでも気軽にメッセージを送れるように。

でもこの間、年が変わる数時間の間だけ封鎖してなかったか? 記憶違いかな。それだけで鯖落ちって、本当に大規模な地震起こったらどうなるのかな、鯖耐えられるのかな。

ラリルレ論を読んだ。

RADWIMPSのボーカルギター野田洋次郎さんのエッセイ。2015年の本。


元々本は好きな方だけど、エッセイは好きじゃなかった。

馬鹿だから分かりやすく話が面白くないとすぐに飽きる。言葉の使い方、文の書き方、構成とかそういう表現的な観点で本を読んだことがない。だから教科書に載ってるような近代文学、例えば太宰治とか、そういうのは好きじゃない。興味を持ったことがないのも大きな原因だろうけど。


一言で言うなら面白かった。話が、とかじゃなくて、自分の大好きで憧れの人物の死生観、価値観、日常を覗けるって素晴らしい。藤原基央、お前もいい加減Fujiki書籍化しろよ。

自分より10年以上長く生きてきた彼の考え方っていうのは興味が尽きなかった。掘り下げても底が見えない。今まで自分が考えたこともなかった所にまで疑問を投げかける。

彼の考え方が正しいとは思っていない。ふーん、こんなこと考える人もいるんだ、へー、みたいなノリで読まないとこういうのはその本にまんま染まる。洗脳されてる気分だ。けどそう上手くいかないもんだね、どんどん飲み込まれていく。


わたしはまた洋次郎の、大好きな人達の考え方に影響されていく。


Human Bloom Tour 2017

4月2日、昨日。

RADWIMPSのライブに行った

最高にかっこよかったなあ

すごいいいライブだった

自分の中で思い描くライブに一番近いライブだった気がする

走って飛んで笑って叫んで歌って手を叩いて振って

うん、すごい良かった


大好きな曲たくさん聴けた


さとしくんとの、4人でのライブを見るのが夢なんだ

君の名あたりで好きになったから

戻ってきてね、いつか絶対、必ず。

ミッキーと刃田さんのツインドラムも最高にかっこよかったけど、でもさとしくんが加わった4人がRADWIMPSだから


贅沢を言うと、自分がRADを聞くようになったきっかけである「五月の蝿」を是非生で聴きたいと思うのだけれど、それはおあずけ。

会心の一撃聴きたかったなあ


あの日のためにもしも練習して、たくさん大声で歌った あの人たちに届くように


沢山ありがとうと叫んだ

誕生日が近い桑にもおめでとうが言えた 

伝わったかどうかは分からないけど




お疲れさまでした

すっごくいいライブだった

アツかった

また行きたい。

はじめまして

生きた証拠を、爪痕を残すために

自分の考えてたことを整理するために

ブログを書くことにする


意味とかはない 自己満足

備忘録程度に


飽きっぽい性格だから三日坊主で終わるかもしれない

見てもらいたいとかそんなんじゃないけど、あわよくば。承認欲求 そんなもの誰もが持ってる 恥ずかしい事じゃない



今年の4月から高校2年生

性別とか趣味はいいや 多分見る人もいない

あとから見たら黒歴史になっちゃうかなあ まあいいや


突然日記を書きたいと思って適当にググって目に付いたものがこれだったから使い方もルールもよく分からないけど

ちょっとずつ ちょっとずつ

マイペースにやっていくことにする。